厚生労働省ロゴ
文字サイズ

参加機関との契約文書

実施事項【Step3 運用 3. 参加機関の募集・説明・契約】

POINT
  • 運営主体が提供する医療情報連携ネットワークを参加機関が利用するにあたって必要な事項を取り決めます。
  • 運営主体と参加機関における文書による契約には、参加機関ごとに個別に契約書を締結する方法や運営主体が提示する参加機関共通のサービス約款に対して参加機関が申込をする方法があります。
運営主体と参加機関で取り決めておくべき主な項目(例)
項目 内容
目的
  • 医療情報連携ネットワークを活用した医療情報の取扱いについて定めること
責任事項
  • 運営主体および参加機関は、個人情報保護方針、セキュリティポリシー、運用管理規程を遵守すること、国のガイドラインを遵守すること
委託業務(サービス内容)
  • システムに登録された医療情報の保管・管理業務
  • 医療情報を保管するサーバ、データセンタの運用業務
委託料(利用料)
  • 委託料(利用料)について
支払方法
  • 支払方法(請求書払い等)、支払遅延損害金
契約期間
  • 契約の期間と更新
検査監督権
  • 参加機関は運営主体に対して委託業務の実施状況について調査し、または報告を求める権利がある
報告義務
  • 事故発生時の運営主体による迅速な報告、応急措置、原因究明、今後の方針案提出義務
安全管理措置
  • 運営主体の講ずるべき安全管理措置、個人情報を取り扱う従業員等の範囲、監督義務、再委託
損害賠償
  • 損害賠償の範囲
履行不能の場合の措置
  • 契約に定める契約の履行不能の場合の措置
契約解除
  • 契約解除を行うことができる事象
権利義務の譲渡
  • 運営主体による権利義務の第三者への譲渡、継承の禁止
委託業務遂行上の義務
  • 運用主体の責任者の選任と報告、責任者の責務
秘密保持及び個人情報の保護
  • 運用主体の秘密保持義務、他目的利用の禁止、個人情報保護方針の遵守、契約期間後の情報削除
免責事項
  • 不可抗力による個人情報等の漏えい等の事故発生時の免責など
疑義の決定
  • 疑義が生じた場合または契約に定めのない事項についての協議
信義誠実の義務
  • 信義を重んじ誠実に契約を履行する義務
出所:経済産業省 平成23年度「東北復興に向けた地域ヘルスケア構築推進事業」成果報告書に基づいて作成
TOPへ戻る
ページの先頭へ戻る