厚生労働省ロゴ
文字サイズ

ピックアップ事例

ピカピカリンク(平成22年稼働)
佐賀県診療情報地域連携システム協議会(佐賀県)
0952-97-8286(ピカピカリンクヘルプデスク) 公式ホームページ

※平成29年3月時点
(ただし、登録患者数や参加機関数は、平成28年6月末時点の情報を掲載)

構築Step

1.工程管理

大学医療情報部准教授がプロジェクトリーダーとなり、運営主体とシステム事業者で定期的に打ち合わせを実施、構築作業と運用設計を進めた。工程管理のためのコンサルタントは選定していない。

2.仕様書作成・調達

大学医療情報部准教授がプロジェクトリーダーとなり、運営主体において、開示施設や参加機関の現状把握、接続環境確認、ベンダとの相談、調整を行い、調達仕様書を作成した。

図表:主な調達先一覧
対象 システム事業者 主な役割
地域医療連携システム構築 日本電気株式会社
株式会社シーエスアイ
ゲートウェイサーバ設置
開示施設 株式会社シーエスアイ、富士通株式会社、日本電気株式会社、株式会社日立メディコ、株式会社ソフトウェアサービスなど 開示施設の電子カルテシステム、オーダリングシステム、画像管理システムなどの改修、インターフェース開発
日本電気株式会社 VPN(常時接続)接続
閲覧施設 日本電気株式会社 VPN(オンデマンド)接続
出所:佐賀県診療情報地域医療連携システム協議会提供資料、ヒアリング結果より作成

3.要件定義・設計

(1) 技術要件・運用要件
  • ID-Link(株式会社エスイーシー、日本電気株式会社)の仕組みを利用することとする
  • マルチベンダ接続を実現する
(2) システム構成

診療情報は各開示施設で保有している。ID-Link(株式会社エスイーシー、日本電気株式会社)は、閲覧施設からのデータ開示要求に応じて、開示施設の公開用ゲートウェイサーバに登録された患者の診療情報を、VPNなどの安全な通信環境を通じて情報を閲覧する仕組みである。

ID-Link(株式会社エスイーシー、日本電気株式会社)が標準機能として提供しているカレンダー表示、文書一覧、画像一覧、ファイル一覧、期間一覧、サマリービュー、標準コードマッピング機能、ストアクライアント、カスタムリンク連携(さがんパス.net、検査予約)を利用している。

(3) ネットワーク構成

ピカピカリンクではオンデマンドVPN環境での運用を原則としており、開示施設、閲覧施設ともにIPsec+IKEを採用している。 ただし、本原則を徹底する前からの参加機関の一部については、SSL/TLSで接続している。

(4) セキュリティ

セキュリティ対策として、利用者認証(ID、パスワード)、アクセス記録、アクセス権限管理、通信制御、監視、ウイルス対策を行っている。また、システムに接続できる端末は限定している。

4.構築

システム事業者と運営主体事務局で定期的に打ち合わせを行い、課題管理、要件との合致状況、ユーザビリティ、セキュリティ対策などについて、提案や報告を受け、承認した。これを各工程において行い、システムを構築していった。

5.テスト

公開前に、テストデータを用いてシステムテストを実施し、システムの動作を確認した。

ピックアップ事例一覧へ戻る
TOPへ戻る
ページの先頭へ戻る