厚生労働省ロゴ
文字サイズ

医療情報連携ネットワークとは

医療情報連携ネットワークとは?

Case1.初診患者さんが診察に来たとき…

別の病院で治療を受けていた患者さんが、初めて受診した診療所で他院の治療内容を尋ねられたとき、それを医師に正確に説明するのが難しいことがあります。そんな時でも、診療所で以前通院していた病院の診療情報が閲覧できるため、正確な情報に基づいた適切な治療が行えます。

初診患者さんが診察に来たとき

Case2.患者さんを地域の診療所から病院に紹介するとき…

かかりつけ医が患者さんを病院に紹介することになった場合でも、紹介先の病院での患者さんの検査や治療内容を引き続き閲覧できます。引き続きかかりつけ医に見守ってもらえることは患者さんの安心につながります。

患者さんを地域の診療所から病院に紹介するとき

Case3.患者さんを病院から地域の診療所に紹介するとき…

病院で手術を受けた患者さんが病院を退院し、退院後の経過を近所の診療所で診てもらうことになった場合でも、近所の診療所で入院していた病院の診療情報が閲覧できるため、正確な情報に基づいた適切な治療が継続して行えます。

患者さんを病院から地域の診療所に紹介するとき
※医療ネットワーク岡山協議会資料を用いて作成

厚生労働大臣が定める「地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針」の基本的な方向性のひとつとして、「質の高い医療提供体制及び地域包括ケアシステムの構築のためには、医療・介護サービス利用者も含めた関係者間での適時適切な情報共有が不可欠で有り、情報通信技術(ICT)の活用は情報共有に有効な手段である。」とされています。

地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針

この情報通信技術(ICT)を活用した情報共有の手段のひとつとして、医療情報連携ネットワークがあります。これは、患者の同意のもと、医療機関等の間で、診療上必要な医療情報(患者の基本情報、処方データ、検査データ、画像データ等)を電子的に共有・閲覧できることを可能とする仕組みです。

これによって関係医療機関等の間で効率的に患者の医療情報を共有することが可能になることから、例えば、

  • 患者に関する豊富な情報が得られ、患者の状態に合った質の高い医療の提供
  • 高度急性期医療、急性期医療、回復期医療、慢性期医療、在宅医療・介護の連携体制の構築
  • 投薬や検査の重複が避けられることによる患者負担の軽減

などの効果が期待されています。

医療情報連携ネットワーク

近年、各地域で医療情報連携ネットワークの構築が進んでいますが、世界最先端IT国家創造宣言(2015年6月30日閣議決定)において「地域を超えた国民への医療サービス提供等を可能とする医療情報利活用基盤の構築を目指し、医療情報連携ネットワークについて、データやシステム仕様の標準化、運用ルールの検討やシステム関連コストの大幅な低廉化等による費用対効果の向上を図りつつ、2018年度までに全国へ普及・展開を図る。」とされるなど、政府としても、医療情報連携ネットワークの重要性を認識し、全国普及・展開を進めることとしています。

本ウェブサイトは、この取組の一環として、医療情報連携ネットワークを構築・運用するにあたって参考となり得る、統計情報、一般的な構築の手順、全国の様々な事例や実際に構築した地域の声などの情報をまとめて発信し、企画面と技術面から支援を行うことを目的として開設したものです。

TOPへ戻る
ページの先頭へ戻る